サポーターオリジナル限定資料

JSUGサポーターから提供された、SAPビジネスに関連する最新事例や、新製品・ソリューションカタログ、ビジネスノウハウが詰まったPDFや技術的・専門的な資料としてのホワイトペーパーなど、会員の皆様に向けた価値ある情報を限定コンテンツとしてご紹介します。
※当コンテンツの閲覧にはJSUGNETへのログインが必要です。JSUGNETについては、こちらをご確認ください。

限定コンテンツリスト

SAP S/4HANAへ ~調査・分析アセスメントのご紹介~
SAP S/4HANAアセスメントサービス

2025年の現行SAP ERP6.0のサポート終了に伴い、近年S/4HANA移行の検討を始めるお客様が急増しています。検討には先ず、"いまの姿を可視化し再構築に必要なリソース(時間とコスト)を定量的に把握することが重要"になります。
MKIは、本格検討に向け、手軽に始められるアセスメントサービスを提供致します。

[提供サポーター]
三井情報株式会社
[掲載日]
2017.07.11

MKI-Trade Suite
「日本の力を世界に広げるグローバル基幹システム」

MKI-Trade Suiteは、MKIの商社・卸売業における豊富なシステム構築ノウハウを基に、SAP ERP6.0をベースにした商社・卸売業・メーカー販社向けテンプレートです。
商社、販社に必要なビジネスシナリオ、データ活用基盤も完備し、海外展開に必要な40ヶ国の税務要件、商習慣に対応しています。海外でビジネスを展開される企業のグローバル経営を強力にサポートします。

[提供サポーター]
三井情報株式会社
[掲載日]
2017.05.10

アナリティクス:コグニティブ時代の幕開け
「77%と11%」―好業績企業と低業績企業の差とは?

コグニティブ技術はすでに一部の企業によって実用化されている。世界6,050人以上の経営者層に対するコグニティブに関する意識調査を通じて明らかになった、好業績企業と低業績企業の違いとは何か。データ活用に対する正しい心構えや堅固なデータ基盤、さらにはそれらを使いこなすためのスキルとは。

[提供サポーター]
日本アイ・ビー・エム株式会社
[掲載日]
2017.05.10

[国内事例] SUSE、アビームコンサルティングの基幹システム基盤に採用
最新の国内事例のご紹介。アビームコンサルティングが刷新した社内基幹システムにより効率的な経営環境を実現。SAPとSUSEをベースに開発した基幹システムへの知見を基に、クライアントへ展開可能なソリューションをご紹介します。

[提供サポーター]
SUSE (ノベル株式会社)
[掲載日]
2017.05.10

IBM Watson を活用した次世代超高速開発
  • ・システム開発期間を約半分に
  • ・プロジェクト管理コストを約30%効率化(*IBM試算)
  • ・ビジネスに最適な IT システム / サービスを、「より早く」「より安く」「より高品質」に
[特徴]
自ら理解・推論・学習し、人間の知識労働をサポートするコグニティブ・テクノロジーを採り入れた、これまでにはない新しいアプリケーション開発ソリューションです。
システム開発プロセス改善活動を通じて見出したIBMの知見や膨大なデータ(ノウハウ)をベースにしています。
高度化・複雑化し、人間だけでは制御できなくなりつつあるシステム開発やプロジェクト管理のさまざまな課題に対応します。

[提供サポーター]
日本アイ・ビー・エム株式会社
[掲載日]
2017.05.10

基幹システム特化型IaaS CUVICmc2のご紹介

ミッションクリティカルなシステムに特化したクラウド基盤「CUVICmc2」は、「性能保証」&「高度なセキュリティ」を実現しつつ、「システムリソースの実使用量に応じた課金」により、高品質なIaaSを パブリッククラウドやプライベートクラウドよりも低コストで提供するソリューションです。「基幹システム特化型IaaS」分野の先駆者でありトップベンダーである 米Virtustream社と業務提携を結び、彼らのノウハウと特許技術を活用して、 VMwareベースの汎用的なシステム基盤をCTCの堅牢なデータセンターから提供します。

[提供サポーター]
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
[掲載日]
2017.04.06

inERPia® (イナーピア) SAP Hostingサービス

「inERPia® (イナーピア) SAP Hostingサービス」は、SAP ERPの利用環境に特化したクラウド型のホスティングサービスです。現在利用されているSAP環境を、高品質かつ低価格なアウトソースサービスとしてプライベートクラウドの形態へ移行し、お客様が直面されている様々な課題に、柔軟かつ迅速に対応します。

[提供サポーター]
NTTデータ グローバルソリューションズ (NTT DATA Group)
[掲載日]
2017.04.01