JSUG Express Vol.6

JSUG Express Vol.6

「クラウドファースト」の波が広がりつつある中、業務の根幹を支えるSAP S/4HANAなど、基幹システムのクラウド移行が急ピッチで進んでいます。これらの投資対効果をさらに高めるには、開発期間の短縮化、AIやIoT、ビッグデータを取り入れたインテリジェント化など、一歩進んだクラウド活用が不可欠です。

JSUG Express第6号では、「クラウド活用」として、JSUGのサポーター企業によるSAPを対象にした最新のクラウドソリューションをご紹介します。SAPの利用価値を飛躍的に向上させ、激化するビジネス競争に打ち勝ちたい方は、ぜひ本情報をお役立てください。

今号の特集テーマ

JSUGのサポータープログラムに協賛しているパートナー企業による
クラウドソリューションをご紹介します。

JSUGサポーターソリューション
JSUG
プラチナサポーター

SAP Cloud Platform 向け経営分析テンプレート
J-Model Intelligent Analytics

株式会社JSOL(NTT DATA Group)

企業がデジタル経営を目指すうえで、経営状況を視覚的に把握するダッシュボードやBIツールの活用が必須です。ただ、導入時に多くのキーユーザーの意向を反映した結果、要件が複雑化し、開発も長期化するリスクがあります。そこでクラウド型のSAP認定ソリューションである「J-ModelIntelligent Analytics 経営分析テンプレート」を活用することで最短2週間で利用開始が可能です。

株式会社JSOL(NTT DATA Group)
詳細を確認する

アクセンチュアの提案するクラウド活用~クラウド・ジャーニー~

アクセンチュア株式会社

いまやクラウド移行は必須であり、移行後の発展に向けた課題も尽きません。アクセンチュアは独自のツールやケイパビリティ、エコシステム、知見を基にクラウド移行・活用を支援し、お客様の資産を最適化し、迅速にビジネス成果を創出します。また、新たな価値を創発する「イノベーションのプラットフォーム」としてのクラウド活用をお客様と共に実現します。クラウド関連情報をまとめて公開しておりますので是非ご参照下さい。

アクセンチュア株式会社
詳細を確認する

最適なクラウド基盤により、SAP S/4HANAへの移行を後押し

日本電気株式会社

「クラウドファースト」が進展している昨今、SAP S/4HANAへの移行や、既存HW、OS、DBのサポート切れのタイミングに、基幹システムのクラウド化を検討される方も多いのではないでしょうか? クラウドのメリットを最大限に引き出すには、各クラウドサービスの長所を活かして活用することが重要です。NECはSAP S/4HANA移行サービスの一環として、お客様の最適な基盤選定をご支援します。

日本電気株式会社
詳細を確認する

顧客接点の多様化にどう対応するか
~クラウド×AI技術で変貌するコンタクトセンター~

SCSK株式会社

店舗やWEB媒体を通じて集まる膨大なVOC(Voice of Customer:顧客の声)。顧客の声を分析し、顧客満足度の向上や応対品質の改善に繋げる取り組みが進行しています。その鍵となるのが、様々な顧客接点に柔軟に対応できるオムニチャネル対応型コンタクトセンターです。クラウド型チャネル統合基盤と先進のAI技術でコンタクトセンターはどう生まれ変わるのか、課題をふまえてその一端をご紹介します。

SCSK株式会社
詳細を確認する

注目の「データレイク」を基礎から読み解く

株式会社BeeX

デジタルトランスフォーメーションによって既存の産業構造が大きく変革する昨今、企業はデジタル化推進のためにパブリッククラウドをベースにした最新のテクノロジーを採用するのがデファクトスタンダードとなりつつあります。SAPシステムをはじめとする基幹系システムのクラウド移行が本格化フェーズを迎える昨今、クラウド活用の次の一手として注目を集める「データレイク」を基礎から読み解きます。

株式会社BeeX
詳細を確認する

海外拠点、国内外関係会社に対してSAP S/4HANA Cloudを検討してみませんか?

三井情報株式会社

三井情報では、①標準化・共通化の適用、②複数事業・グローバル要件のカバー、③早期導入の3点を導入のポイントと考え、革新的に進化し続けるSAP S/4HANA CloudをSaaS型の基幹システムとして提供いたします。すでに各国の法制度、商習慣、言語に対応、またSaaS型であることから4半期ごとにバージョンアップされるのでビジネス変化に柔軟に対応することが可能です。

三井情報株式会社
詳細を確認する

富士通のPoC支援を活用して海外拠点へのSAP S/4HANA Cloud導入を推進

富士通株式会社

グローバル展開や全社を通じた業務の標準化と効率化に向けて、オンプレミスからクラウドへ、そしてSAP ERPからSAP S/4HANAへの移行を検討しているお客様は少なくありません。富士通が提供するSAP S/4HANA CloudのPoC支援を活用して、いち早く会計システムのクラウド化に着手いただいた「大和ハウス工業株式会社様の導入事例」をご紹介します。

富士通株式会社
詳細を確認する

フルマネージドサービスをグローバルに提供する
日立のSAP HANAクラウドサービス

株式会社日立製作所

SAPシステムのクラウド移行は、多くの企業の関心事となっています。日立は、インフラからSAPベーシス運用まで一括したフルマネージドサービスをグローバルで提供し、お客様SAP環境のクラウド移行を支援します。本サービスでは、構築から運用まで、お客様ごとに編成したアカウントチームがワンストップで対応しています。世界有数の大規模SAPシステムである日立のERPプラットフォームにも活用されており、お客様にも安心してご利用いただけます。

株式会社日立製作所
詳細を確認する

時代はDigital Nativeに! ABeam Cloud® が実現します!!

アビームコンサルティング株式会社

経営環境が急速に変化する中、ビジネスの変革はDigital Transformationの最新技術を迅速に取り込む事が求められます。アビームコンサルティングは、IoT、アナリティクス、AI等をベースとしたクラウドソリューションをABeam Cloud® 上で、"ABeam Digital® powered by SAP Leonardo Accelerator"として提供します。

アビームコンサルティング株式会社
詳細を確認する

SAPランタイムライセンスのSQL Server :
ややこしいクラウド移行の条件を徹底解説

日本マイクロソフト株式会社

現在、多くのSAP on SQL Serverユーザが、クラウドへの移行を実施または検討されています。SAP ノート 2139358にも記載されている通り、購入したSQL Serverのライセンスをクラウドをはじめとするマルチテナント環境に持ち込んで利用する場合、Software Assuranceと呼ばれるプログラムの購入が必要であるため注意が必要です。さまざまな見解が乱立しているSQL Serverライセンスの持込に関する諸条件と最適な移行の方法を整理し、お客様のクラウド移行のスムーズな実行のお役にたてる情報をご説明いたします。

日本マイクロソフト株式会社
詳細を確認する

単純なSAPインフラ基盤のクラウド化に留まらない
AWSクラウドの活用

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

SAP HANA向けの大容量メモリを搭載したAmazon EC2 High Memoryインスタンスや、非本番環境での最小サイズであるX1eインスタンス、データレイクとしてのAmazon Redshiftとの連携、Amazon AppStream 2.0を用いたSAP GUIの展開など、単純なインフラ基盤のクラウド化に留まらず周辺の仕組みも含めてクラウド活用する例をブログで公表しております。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
詳細を確認する
ゴールドサポーター

マネージドクラウドを活用した日本企業の経営課題に対するアプローチ

NTTコミュニケーションズ株式会社

基幹系システムを安定して稼動させ、更に、中長期経営戦略の一つとしてIoT、AI、ビックデータの導入を実現する為、マルチクラウドとして利用できるマネージドクラウドをご提供いたします。NTTコミュニケーションズは、セキュアかつフレキシブルな次世代ネットワークインフラの構築を含めたマネージドクラウドを活用して、お客様の経営課題解決と新たな価値創造を全力でご支援します。

SAPシステムのクラウド移行で次々と採用されているSUSEの最先端プラットフォーム

SUSE ソフトウエア
ソリューションズジャパン株式会社

20年以上SAP開発基盤に採用され、高信頼性、拡張性、運用管理の容易性、長期サポートからSAP HANAユーザーの90%にご利用頂いているSUSE。AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platformに加え、国内主要クラウドサービスプロバイダー上でもSAPシステム向けに豊富な実績を誇ります。ビジネスの成長に柔軟に対応するクラウド環境の導入はSUSEにご相談ください。

OpenText最新クラウド事例のご紹介
xECM Cloud for SAP S/4HANA

オープンテキスト株式会社

変化の絶えない、予測できない市場の中、企業が成長を続けるために、全方位視点、成長ドライバー、リスク対策、コスト削減から、企業マネジメントを実施する必要があります。これらの全方位視点からの企業マネジメントに貢献できる、OpenTextの最新クラウドソリューションをご紹介いたします。

SAP on Azureによる効率的な
クラウド活用

株式会社電通国際情報サービス

ISIDはクラウド型のインフラサービスへの取り組みにいち早く対応し、数々の導入/移行プロジェクトを実施してきました。 特にマイクロソフト社と密に協業し、グローバルでの展開実績やスケーラビリティに優れた「Microsoft Azure」を多くの企業様にご採用頂いており、将来的にクラウド移行をご検討中の企業様の参考となるような、既存環境からのスムーズな移管方法、ご活用方法などご紹介できればと思います。

「移行は素早く確実に、運用はコストを
抑えて」がテーマのSAP S/4HANA特集

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

クラウド基盤の選び方、移行方法、コスト削減、運用アウトソーシングなど、SAP S/4HANAの導入を検討するご担当者様に役立つ記事が満載。SAP S/4HANAの導入を進めたCIOや、経験豊富なコンサルタントなど様々な有識者へ取材した濃密なコンテンツをご案内します。