サポーターソリューション「株式会社NTTデータ」

株式会社NTTデータ
組立製造業に特化した
ERP経営管理を高度化するソリューションスイート
自動車メーカーなどの組立製造業に特化した経営管理高度化ソリューションスイートで、経営管理、経営予測をマネジメントする。
 3つのPoints
  • 組立製造業に特化したERP経営管理高度化ソリューション
  • 分析予測のためのテンプレートやIoTを駆使したデータ収集
  • お客様とともに歩むことこそが、成功のカギ

組立製造業向けERP経営管理高度化ソリューション

ERPシステムは期間損益を可視化して把握することで経営の意思決定に活かすことを得意としていますが、組立製造業において自社製品の" 本当の損益" をきちんと可視化してマネジメントできている企業は、残念ながら多いとは言えません。

また、国内の製造業では、拠点をまたいで製品を製造している場合も多く、基幹システムが拠点ごとに分かれることも少なくありません。このため損益管理に必要なデータが揃わないか、集めたとしても粒度や精度に差があり、製品ごとの損益を見ることが難しくなっています。

こうした" 自社製品の真の実力値(本当の損益)"の把握は、グローバルに展開する製造業にとって古くからの課題と言えるものです。

そこでNTTデータでは、これまで「自動車メーカー」や「自動車部品メーカー」を中心とするお客様へのSAP ERP導入や、変革プログラムの推進を行ってきた知見やノウハウを活かし、SAP S/4HANAを活用したソリューションの提供をはじめました。それが「組立製造業向けDX対応ERP経営管理高度化ソリューション」です。自動車や機械業界など、組立製造業における経営管理を高度化することを目的としています。

SAP標準機能を活用し、組立製造業特有の業務シナリオをカバーするだけでなく、AIやIoTに係るデジタル技術を活用し、予算編成から生産実績収集、損益予測までをカバーする4つの機能を備えるソリューションスイートです。

組立製造業向けの経営管理を高度化するソリューションスイート

ここで、組立製造業に特化した本ソリューションスイートのテンプレートを紹介しましょう。

まず「SAP S/4 HANA ERP ソリューション‐経営管理テンプレート」です。経営管理の主要業務に予算統制があります。計画した予算に対して期末実績の差異分析を行い、予算と実績の乖離要因を特定し改善を促し、PDCAサイクルを廻していきます。ここで必要となる予算や実績データは、通常ERPから収集することになりますが、ERPで実装している業務オペレーションやデータが標準化されていないと、収集したデータの粒度や精度が揃わず、損益情報の可視化・分析ができないばかりか、適切な改善アクションを促すことができません。こうした課題を解決するため、本テンプレートでは、事業、製品別の損益管理を可能とする業務シナリオと、マスタコードのデータ構造をモデル化し、実装済みテンプレートとして提供しています。データの標準化を図り、経営管理に役立てられるばかりか、組立製造業の業務プロセスに沿った情報整理をも実現します。

「SAP BPCを活用した予算・計画ソリューション‐予算分析テンプレート」は、事業や製品別の予算編成や、連結損益を可視化するためのテンプレートです。多くの組立製造業は、製品損益を、拠点別→国別→地域別予算として積み上げるボトムアップ型が主流です。このテンプレートは、個々の目標単位で損益変動に関連するマネジメントKPIを変数(パラメータ)とし、損益目標をトップダウンでシミュレーションし、目標予算を策定できる仕組みを実現しています。

さらに「SAP Analytics Cloudを活用した予測・分析ソリューション‐損益予測テンプレート」により、地域や事業、製品といった軸で、期間損益や予算と実績の乖離要因を分析できるダッシュボード機能を実現します。地域や科目、KPI要素別の分析・解析レポートも整備しています。また、お客様業務のDXによる高度化をサポートする機能も備えています。例えば、機械学習エンジンを活用した拡張分析による損益増減の要因分析、予測分析機能を活用した損益シミュレーションやベンチマーク分析といった計画精査と予実モニタリングの高度化をサポートします。

これらのテンプレートは標準的なシナリオを提供するとともに、お客様の要求(強みとなる業務)に応じてカスタマイズ可能となっています。また、これらを用いることで、業務プロセスの標準化を図り、情報の粒度、精度、鮮度を整えることが可能となり、デジタル技術の活用により、属人的になりがちだった予測・分析業務の負荷を軽減し高度化を図ることで、データドリブン経営を実現します。

  
組立製造業向けERP経営管理高度化ソリューションスイート イメージ図

工場のIoT化で現場の情報をリアルタイムに収集

製品別の損益を正しく把握するには、生産出来高を正確に把握することが重要です。しかし、出来高を人間が目視で確認して「正の字」を記録・集計し、それを日報ベースで報告、さらにそれを月毎に集計して報告するといった運用を行っている企業も少なくありません。これでは経営層がリアルタイムに状況を把握し、経営に役立てることは難しい状況といえます。

NTTデータはこうした現状を鑑み、ラズベリーパイとカメラ、センサーを工場の生産現場に設置し、各工程の生産出来高や製造実績をカウントし、そのデータをリアルタイムでERPに連携・接続できるソリューションを実現しました。それが「SAP MIIを活用した実績収集・連携ソリューション‐IoTコネクト」です。

生産現場では、各種センサーからの実績情報をもとに、品番別生産出来高をリアルタイムに収集できるようになり、生産上の問題もすぐに把握して対応を行えるほか、時間帯別の稼働状況といったこれまで見えなかったデータをも経営に活かすことができます。

センサーや生産設備から収集したマシンデータなどは、ERPではそのまま活用することができませんが、SAP MIIを活用したIoTコネクト・ソリューションを介することで、品番別製品出来高として変換し、SAPに連携できるブリッジ機能も合わせて提供しています。

また、このソリューションは、製造工程における不良検知や品質検査の自動化にも活用することが可能です。例えば、製造工程にカメラを設置し、カメラで取得した画像を基にラズベリーパイを介して製造過程でできた製品の傷の有無などを機械学習エンジンでチェックすることで、目視では確認が難しい品質の良否を判断し、不良検知を自動化するといった用途にも活用することが可能です。

二人三脚でお客様の経営課題を解決するNTT データのサービス

これまで、日本国内のSAP導入企業は、産業全体の変革期を迎えるなか、2027年問題やDXの対応の問題に直面し、この先、導入済みのSAPをどのように対処したら良いか、悩んでいることと思います。SAP S/4HANAへのマイグレーションや、各種デジタル対応、そして働き方の変革など、このような状況下でSAPを中心とする基幹システムに投資して経営に貢献できるのか、こうした不安や戸惑いは特に製造業では多いとお聞きしています。

本ソリューションは単にお客様にツールを提供するだけのものではありません。NTTデータでは、お客様と一緒に課題に立ち向かい、二人三脚で解決して行くことが基本だと考えています。ぜひわれわれNTTデータと共に歩んでいきましょう。

パートナー企業

株式会社NTTデータ
株式会社NTTデータ

  • JSUG Conference 2020 ダイジェスト動画
  • JSUG Conference 2019 資料ダウンロード
  • JSUG INFO 事例大全集
  • JSUG Facebook Page
  • 事例の泉
  • JSUG Express
  • JSUG入会のご案内JSUGNET利用登録について
  • JSUG事例 FactDB
  • JSUGの理念