導入事例「ザルスタット株式会社」

ザルスタット株式会社
クラウド型ERP「SAP Business ByDesign」で
在庫をリアルタイムに可視化し、業務効率を向上
ドイツに本社を置く理化学・生化学用品メーカーの日本法人として、器材・消耗品の輸入/販売を手がけるザルスタット株式会社。同社はさらなる競争力強化に向け、クラウド型ERPソリューションSAP Business ByDesignを導入しました。NTTデータグローバルソリューションズの導入支援のもと、3.5カ月で本稼動を開始し、在庫の可視化やリアルタイムな原価反映を実現しています。

在庫の可視化と正確な原価の把握に向けて基幹システムを刷新

中村 孝弘 氏

中村 孝弘 氏
ザルスタット株式会社
代表取締役社長

ドイツに本拠地を置くザルスタット社(Sarstedt AG & Co. KG)は、研究機関、医療機関、製薬会社などで利用される樹脂製の試験管、フラスコ、プレートといった器材・消耗品のリーディングカンパニーです。その日本法人として設立されたザルスタット株式会社は、2003年から製品の輸入/販売事業を展開しています。同社の基幹システムは、複数のパッケージ製品を組み合わせて運用されてきましたが、次第に機能面で限界に達しつつありました。

代表取締役社長の中村孝弘氏は次のように振り返ります。
「販売代理店を買収してシステムを統合した経緯もあって、オペレーションが複雑化していました。また、システム内の原価情報は限られた頻度でしか更新できず、固定された原価をもとに価格表を作成していました。商品在庫に関しても、社外からシステムにアクセスできないため、営業担当者が電話で確認して納期を回答したり、会社に戻って見積書を作成したりと業務効率に課題を抱えていました」

そこで同社は基幹システムを刷新し、業務面の課題解決やIT統制によるコンプライアンスの向上を図ることを決断しました。

豊富な導入実績を持つNTTデータ GSLをパートナーに採用

高柳 大輔 氏

高柳 大輔 氏
ザルスタット株式会社
IT管理

新基幹システムの選定に際しては、国産/海外製を問わず複数のERPパッケージを検討。最終的に選んだのは、クラウド型ERPソリューションSAP Business ByDesignでした。選定の理由を、IT管理の高柳大輔氏は次のように語ります。

「クラウドなら自社でサーバーを所有してメンテナンスを行う必要がなく、2~3年スパンでのコスト試算でも、人件費を含めた運用コストでオンプレミスより効果が得られるという結果が出ました。さらに、ドイツ本社がSAP ERPを利用しているため、将来的にデータ連携を図るうえでも、SAPソリューションが最適と判断しました」

導入パートナーには、豊富な導入実績を考慮してNTTデータ グローバルソリューションズ(以下、NTTデータ GSL)を採用しました。
「大規模な基幹システムの更改は、当社にとって初めての経験であり、パートナーの信頼性が何よりも重要でした。日本で多くのSAP Business ByDesign導入経験を持つ NTTデータ GSLにはさまざまなノウハウがあり、サポート体制も十分に整っていると期待しました」(高柳氏)

ドイツ本社とのデータ連携を見据えて日本独自のコードをグローバルコードに統合

SAP Business ByDesign導入は2017年7月中旬に始まり、約3.5カ月で本稼動を迎えました。2017年内は新旧システムを並行稼動してユーザーが操作に慣れる期間を設け、2018年1月からSAP Business ByDesignの単独稼動に切り替えました。短期導入の背景には、ハードウェアの調達が不要というクラウドならではのメリットに加えて、SAP Business ByDesignの標準シナリオを活用し、業務プロセスのカスタマイズを最小限に抑えたことにあります。

「プロジェクトチームには当初から販売、在庫、購買、会計の各部門の担当者に入ってもらい、NTTデータ GSLのコンサルタントやSEと一緒に議論を重ねながら業務プロセスを整理しました。それぞれが納得してから導入に取り組めたため、プロジェクトはスムーズに進みました」(高柳氏)

また、ドイツ本社との購買データ連携を見据えて、日本独自のコードをグローバル基準に統ー。とはいえ、消耗品を取り扱う同社の場合、品目コードだけでも数万件にのぼり、別途用意しているレポート用の分析コードも含めると膨大なデータ量になります。そこで、件数の少ない取引先コードと仕入先コードの統合を先行し、品目コードや分析コードは順次統合を進めています。コード変換が不要になることで、ドイツ本社に送付するレポートの作成も大幅に効率化する見込みです。

NTTデータ GSLに対しては、問い合わせに対するレスポンスの速さと豊富な導入実績に基づくきめ細かなサポートを評価しています。「システムの簡単な操作方法から業務間の複雑なデータ連携まで、メールや電話で問い合わせると間髪入れずに回答が返ってきました。質問への回答内容も経験に基づいたもので、非常に頼りになる存在でした。週1回の定例会議や部門単位の会議など密にコミュニケーションを取り、課題解決までの時間を大きくロスしなかったことが、短期間の導入につながったと思います」(高柳氏)

業務間のシームレスな連携によりデータの可視化とリアルタイム化を実現

SAP Business ByDesignを導入したザルスタットでは、業務プロセスの標準化と各業務間のシームレスな連携が進んでいます。データの可視化とリアルタイム化が実現した結果、入荷から出荷までの流れが可視化され、商品の動向が追いやすくなりました。

「今後当社では、化学品に加えて医療用の消耗品の販売拡大を目指しています。医療用商品は、有効期限の管理やトレーサビリティが非常に重要であり、システムでその点が担保できることは大きなメリットとなります。また原価がリアルタイムにシステムに反映されるため正確な数値に基づく価格設定や損益計算が可能になりました」(中村氏)

在庫に関しても、営業担当者が客先でタブレットから基幹システムにアクセスして、その場で納期が回答できるようになっています。見積書の作成も会社に戻らず行えるため、提出までの期間も約1~2日間短縮しています。

さらに、在庫管理の精度も飛躍的に向上し、輸入商品の洋上在庫までリアルタイムにシステムで把握できるようになりました。それ以上に大きな効果は、加工品在庫の把握も可能になったことです。

「当社が輸入する商品の約3分の1は、外注先で加工して付加価値を付けて出荷しています。従来のシステムでは加工商品の在庫管理までは手が回らず、出荷の数量やタイミングは熟練の担当者の経験と勘に頼っていました。現在は、加工品在庫の数量もシステム上で把握できるため、以前のような属人的な業務も解消されました」(高柳氏)

ITコストについても、今後のインフラ整備やシステム管理にかかるコストが低減し、TCO(総所有コスト)の削減につながる見込みです。

理化学用品のeコマース化に向けシステム基盤のさらなる強化へ

今後は、各業務部門のユーザーの習熟度を高め、運用の定着と業務改善を図っていく方針です。その一環として、SAP Business ByDesignに標準で組み込まれているダッシュボードなどの分析機能を使ってリアルタイムに情報を可視化し、ドリルダウンで深く分析するためのトレーニングの実施を検討しています。また、ドイツ本社とのデータ連携も進めていく計画です。

「理化学・生化学用品のeコマース化は業界全体で遅れ気味ですが、今回のシステム刷新によってeコマースに対応可能なプラットフォームが整備できましたので積極的に参入していきます。今後も、NTTデータ GSLにはシステムの強化や改善に向けた提案を期待しています」(中村氏)

進化の著しいヘルスケア市場において、付加価値の高い商品提供を目指すザルスタットの取り組みは、さらに加速していきます。

システム概要図

SAP Business ByDesign導入による在庫把握、トレーサビリティの実現
※クリックして拡大

会社概要

ザルスタット株式会社

設立:2003年1月
資本金:6,000万円
本社所在地:東京都千代田区内神田2丁目16内神田渋谷ビル8F
事業内容:理化学・生化学向け消耗品の製造輸入、卸売
http://www.sarstedt.jp/

パートナー企業

株式会社NTTデータ
株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ
株式会社NTTデータ
グローバルソリューションズ

  • JSUG INFO 事例大全集
  • JSUG Conference 2018 ダイジェスト動画
  • JSUG Facebook Page
  • 事例の泉
  • JSUG Express Vol.6
  • JSUG入会のご案内JSUGNET利用登録について
  • JSUG事例 FactDB
  • JSUGの理念