活動紹介「SCSK株式会社」

SCSK株式会社
システムのライフサイクルを見据えてSAP S/4HANAへの移行に付加価値を提供
リスク低減、クラウド活用、高スキル人材を組み合わせたSCSKの移行支援サービス
SAP ERP(ECC 6.0)のサポート終了まで、ついにカウントダウンが始まった「2025年問題」。各企業が対応策を検討していますが、新たなデータベースアーキテクチャーを採用し、機能面で大幅な進化を遂げたSAP S/4HANAへの移行は簡単なことではありません。そこでSCSKでは、最適なシステムの状態を適正コストで持続できるライフサイクル管理を念頭に置き、SAP S/4HANAへの移行を強力にバックアップしています。

各企業のシステムライフサイクルに応じて最適なコンバージョンを支援

SAPユーザー企業が直面する2025年問題。SAP S/4HANAへの移行は、システムの企画から、開発、プラットフォーム、運用/保守まで、システムライフサイクルに合わせたマネジメントが必要です。SCSKでは、長年のSAP ERPのコンサルティングや、テンプレートの開発、導入支援、運用・保守で培ったノウハウを活かし、ライフサイクルを見据えた移行作業を支援しています。具体的には以下の3つの価値を提供します。

(1)SAP S/4HANAへの移行を低リスクで実現

SAP S/4HANAへの円滑な移行に向け、SCSKでは包括的なコンバージョンサービス「Add-Value for Migration」を用意しています。Add-Value for Migrationでは、本格的な移行の前にPoC環境を構築し、アセスメントサービスで標準機能やアドオン機能による影響、BASISの影響を分析。こうしたアセスメントの結果をもとにシステムを改修する部分、改修しない部分の要件を定義し、実現化フェーズで実装と改修を実施します。その後のテストフェーズで影響の有無を確認しながら移行し、本稼働後の運用保守の最適化にも対応します。

SCSKは移行支援だけでなく、「なぜSAP S/4HANAに移行するのか」「SAP S/4HANAで得られる本当のビジネス価値は何か」「デジタルトランスフォーメーションをどう実現していくか」など、多くの企業が抱えている疑問に対してもユーザーと同じ目線で取り組んでいます。その過程では、バラ色の未来だけを語ることなくデメリットまで明らかにしたうえで、ユーザーにとっての最適解を導きます。サービス開始以来、すでに複数のSAPユーザーのアセスメントを実施中で、2019年度からは本格的に移行の動きが加速する見込みです。

(2)クラウドソリューションと連携してビジネス価値を付加

SAP S/4HANAへの移行に立ちはだかるハードルは、ERPの利用に新しい扉が開けるのか、ビジネスに新たな付加価値を提供することができるかどうかにあります。高速化のメリットは享受できても、アドオンで作り込まれた現行のシステムをそのまま移行するだけでは、十分なメリットを得ることはできません。そこでSCSKでは、SAP S/4HANAプラスアルファの機能の提供を通して、新たなビジネス価値を提供します。

SAP S/4HANAにおいて高い付加価値が得られるのは、各種クラウドソリューションとの連携です。そもそもSAP S/4HANAでは、短サイクルで機能を強化していくことを想定して、システム本体はシンプルな状態を維持しています。そのため、クラウドソリューションとの相性がよく、出張・経費管理ソリューション「SAP Concur」、クラウド型人事ソリューション「SAP SuccessFactors」、BIソリューション「SAP Analytics Cloud」などとの統合が容易です。SAP S/4HANAとこれらのソリューションが疎結合で連携することで、変化に迅速かつ柔軟に対応できるようになり、新たなビジネスメリットがもたらされると考えられます。

また、SCSKはサブスクリプションモデルで提供するSaaS版の「SAP S/4HANA Cloud」の導入研究にも参画し、SAPジャパンとパートナーが設立したコンソーシアムにおいて、SAP 標準のテンプレート「SAP Best Practices」の日本語化に取り組み、SAP S/4HANA Cloudの導入支援に向けた準備を進めています。アドオンレスで導入し、3カ月ごとに最新の機能強化が図られるSAP S/4HANA Cloudは現在、海外のグループ会社の早期立ち上げなどに採用されていますが、今後は国内展開においても選択肢となると予測されます。SCSKでは加速するクラウド時代に向けて研究を続け、ベストプラクティスを継続的に提供していきます。

(3)移行を支援するハイブリッド人材の投入

「2025年まであと7年。残された時間は思っているほど長くありません。国内だけで約2,000社のSAPユーザーが一斉に移行しようとすると、SAP関連のコンサルタントが足りなくなるおそれがあり、1,000人規模でコンサルタントが不足するという予測さえあります。
SAP S/4HANAは新しいアーキテクチャーを採用しているだけに、ノウハウや経験のある優秀なコンサルタントの奪い合いとなることは避けられません。既存の運用/保守ベンダーに移行支援を依頼してもリソース不足で断られた結果、保守サポートの切れたSAP ERPをリスクのある状態で使い続ける事態になりかねません。海外のオフショア開発を頼ることも可能ですが、言語やビジネス慣習の違いによるコミュニケーションのトラブルを避けるには、意思疎通が容易な日本人のコンサルタントやSEを中核に据えることが最適な選択肢となります。

そこで、SCSKではすでにOracleなど、SAP以外のERPパッケージのスキルを持つコンサルタントをSAPコンサルタントに転換し、ハイブリッドで対応できる人材を育成しています。他のERPパッケージの導入経験者は、業務知識が豊富で導入方法論も身に付けています。そこで、SCSKの社内教育でまず会計系とロジスティクス系の業務に関する基本的な教育を実施したうえでSAP特有のプログラミング言語であるABAPを習得して、SAPシステムの開発案件に参画しながらSAPのノウハウに対応できるよう育成しています。SCSKのパートナー企業に対しても同様の教育を奨励している段階で、現在は国内で数十人規模のコンサルタントやSEがハイブリッド人材として活動。ハイブリッド人材は、他のパッケージとSAPシステムの差異や、クラウドサービス特有のライセンス形態を理解しながら対応ができるため、従来にないビジネス価値を提供できる可能性も秘めています。

以上のように、SCSKはSAPビジネスで長年培ってきた知見を継続的にアップデートしながら、来たる2025年に向けてお客様の移行プロジェクトを高品質にサポートしていきます。

システムライフサイクルを考慮したマイグレーション(コンバージョン)ソリューション Add-Value for Migration

システムライフサイクルを考慮したマイグレーション(コンバージョン)ソリューション Add-Value for Migration
※クリックで拡大

パートナー企業

SCSK株式会社
SCSK株式会社

  • JSUG INFO 事例大全集
  • JSUG Conference 2018 ダイジェスト動画
  • JSUG Facebook Page
  • 事例の泉
  • JSUG Express Vol.6
  • JSUG入会のご案内JSUGNET利用登録について
  • JSUG事例 FactDB
  • JSUGの理念