活動紹介「アビームコンサルティング株式会社」

アビームコンサルティング株式会社
ABeam Cloudグローバル製販テンプレートによるビジネスイノベーションの加速
業種別のベストプラクティスや各国要件に適応した最新ソリューションの活用により、
グローバルの迅速な意思決定を支援
ビジネスのグローバル化や競争環境が厳しさを増す中、企業にはデジタル変革を強力に推し進め、競争優位性を確保することが求められています。アビームコンサルティングのビジネスイノベーションプラットフォーム「ABeam Cloud」を通じ提供される「グローバル製販テンプレート」は、基幹業務に必要なすべてのアプリケーションがSaaS型で利用できるため、短期間/低コストでプロセスの最適化や見える化を実現し、企業の迅速な意思決定を支援します。

デジタルテクノロジーの急速な進化や変化の早い経営環境のもと、企業においては持続的な成長と変革を推進するため、業務プロセスの高度化やビジネスの変化に即時に対応できるITシステムが求められています。そのためにはIT資産を所有することなく、短期間かつ低コストでシステム導入を実現できるソリューションが必要です。また、システム導入後のフェーズにおいても、IT運用をアウトソースしてより付加価値の高い業務へ人材をシフトする流れが加速しています。このような背景のもと、IT基盤のクラウド化は日本でも顕著に表れ、ERP導入の多くがクラウド基盤を前提として求められています。アビームコンサルティングではこれらのニーズに対応するため、SaaS型サービス「ABeam Cloudグローバル製販テンプレート」を提供します。

企業のビジネスイノベーションを加速するABeam Cloud

ABeam Cloudは、業種/業界ごとのテンプレートや企業運営に必要なさまざまな業務アプリケーション群を、国内外のクラウド事業者が提供する基盤を通じて利用できるサービスです。「業務アプリケーション」、「クラウドサービス」、「保守・運用サービス」の3要素で構成されており、AWSやAzure、各社プライベートクラウドが提供するクラウド基盤とアビームコンサルティングがこれまで幅広い業界/業種へのコンサルティングサービスで培った業務アプリケーションを組み合わせることで、企業のビジネスイノベーションを加速します。

迅速なIT環境の提供
オンプレミス環境ではハードウェアの調達だけでも数カ月かかりますが、クラウドであれば調達にかかるリードタイムを大幅に短縮することができます。
ABeam Cloudは、基盤の設計や構築/テスト手順を徹底的に標準化することでスピーディーな環境提供を実現します。さらに、さまざまな業務アプリケーションとの接続にあたって必要なパラメーター設定が事前に定義されていることで、導入時の作業負荷を軽減。急速に変化する市場環境や、拠点新設/統廃合や新規事業進出といったビジネスの変化に呼応できるITシステムを実現します。パッケージなどのインストール作業もクラウドの機能を駆使して、通常1〜2週間かかる作業を2〜3日に圧縮することを実現しているケースもあります。さらに今後は最新のデジタル技術の活用による構築作業の自動化など、さらなる短縮化を見込んでいます。
IT基盤を低コストに運用
低コスト運用を実現するためには、クラウドベンダーやサービスの特徴を理解し、それらを最適に組み合わせて活用する経験とノウハウが必要です。ABeam Cloudではお客様ごとの特性を考慮して最適なクラウドベンダーを選定しており、パブリッククラウドでメジャーなAWSやAzureはもちろん、プライベートクラウドベンダーとも提携してサービス提供をしています。また、システム監視や、バックアップ、DRなどのIT基盤運用も標準化しており、稼動後のIT運用も低コストで提供することが可能です。
アプリケーション及びインフラ保守サービス
SaaS型システムの活用で鍵となるのが保守サービスです。ABeam Cloudの保守サービスは、稼動後の継続的なIT活用支援を行います。また、各国の問い合わせに迅速に対応すべく、顧客拠点に近いアビームコンサルティングの拠点またはアライアンスパートナーと共に1次受けサポートを行います。さらに、一元管理されているテンプレートをベースに保守を行うことにより、各社の保守サービスの効率化が図ることができ、より顧客ニーズに応じたビジネス変革をサポートする高度なサービスが提供できます。

ABeam Cloudグローバル製販テンプレート

ABeam Cloudグローバル製販テンプレートは、製造業向けのプロジェクトで蓄積したプロジェクト経験やナレッジを反映させた標準業務モデル「Industry Framework」をベースに構成された、業種別テンプレート群の1つです。業務プロセス、多数のアドオンプログラムとパラメーター事前設定済みシステム、成果物テンプレートの3要素で構成されており、システム導入を低コストかつ迅速に達成し、業務の前進を支援します。

最新テクノロジーへの追随
SaaS型システムの利用により、テンプレートのベースとなっているSAP S/4HANA最新版へのアップグレードや各国法要件の変更への対応、その他の有用なアプリケーションとの連携など、テンプレートの機能は随時アップグレードされます。こうしたテンプレート機能の維持、SAP S/4HANA最新版へのアップデートを含むテンプレート拡張は、ABeam Cloud製販テンプレートのCoE(Center of Excellence)を中心に行っています。CoEは毎日審議会を開催し、各導入プロジェクトや保守運用中のお客様からのチェンジリクエストの影響調査等を行い、標準化や全体整合の取れたテンプレートを維持する役割を担っています。
企業のビジネスニーズに応える柔軟なテンプレート
ABeam Cloudグローバル製販テンプレートは、企業の固有の要件に合わせて柔軟に適用することができます。既存の周辺システムとのインターフェース開発や、得意先指定フォーマットでの帳票出力など、固有開発をテンプレートに追加することも可能で、多様なニーズに対応します。多くの企業はテンプレートを極力そのまま活用し、必要最低限の固有アドオンプログラム開発を行うアプローチを採択しています。
システム概要図

ABeam Cloud 製販テンプレート - テンプレートを構成する3要素
※クリックして拡大

導入実績

2016年3月にABeam Cloudグローバル製販テンプレートのリリースを発表して以来、さまざまな企業へのサービス提供を進めています。業種では自動車部品、飲料、食品、化学、消費財と多岐にわたり、導入先拠点も日本をはじめとするアジア諸国(中国、タイ、インドネシア)や北米(アメリカ、メキシコ)と拡大してきました。

2018年6月に稼動を迎えたタイの化学品メーカー様では、新規工場立ち上げと同時にプロジェクトを開始し、4カ月というスピードで本稼動を迎えました。同じく2018年6月に稼動を迎えた自動車部品メーカー様では、7カ月間でメキシコの工場とアメリカの販社の2社同時稼動を実現しています。

テンプレートの業務プロセス、カスタマイズ事前設定済システム、そしてドキュメント類を最大限に活用することで、より速くかつ安定的にシステム稼動を実現することができました。

進化を続けるビジネスイノベーションプラットフォーム

ABeam Cloudは、今後もアビームコンサルティングが目利きした先進的なテクノロジーをサービスラインナップに取り込み、日々新たな業界/業種のテンプレートを拡充していきます。常に進化を続けるビジネスイノベーションプラットフォームとして企業のさらなるデジタルトランスフォーメーションの実現に貢献します。

パートナー企業

アビームコンサルティング株式会社
アビームコンサルティング株式会社

  • JSUG INFO 事例大全集
  • JSUG Conference 2018 ダイジェスト動画
  • JSUG Facebook Page
  • 事例の泉
  • JSUG Express Vol.6
  • JSUG入会のご案内JSUGNET利用登録について
  • JSUG事例 FactDB
  • JSUGの理念