最新テクノロジーを駆使した基幹システムのグローバルロールアウト

最新テクノロジーを駆使した基幹システムのグローバルロールアウト
国内市場が縮小傾向にある中で、新興国市場をはじめとする海外での事業拡大に向け、多くの日本企業が本格的なグローバル化へと舵を切っています。そこで関心が高まっているのが、基幹システムのグローバル統合です。ここでは、東中野にオープンした先端技術センターを中核に、「グローバルロールアウトサービス」を展開している三井情報株式会社(MKI)に、基幹システムの統合における課題と実践のポイントについて聞きました。

最新テクノロジーを駆使した基幹システムのグローバルロールアウト(1/2)

海外展開におけるシステムの課題

ビジネスの海外展開が進むなか、基幹システムのグローバル統合が注目を集める背景には、拠点ごとに異なる基幹システムの運用が引き起こしているいくつかの課題があります。まず挙げられるのがコンプライアンスです。国や地域でビジネス要件が異なるため、現地の法規制や商習慣に合わせて個別最適化されたシステムは、その拠点では満足度が高くても、企業全体で見た場合にはガバナンスの不徹底の原因となります。また、スピード経営が求められる状況においては、取引状況、売上や在庫といった情報がグローバル規模で迅速に集約できないと、市場の変化への素早い対応や、好機を活かすための意思決定にどうしても遅れが生じます。さらにコストの増大です。運用および人的リソースのコストが各地で膨らむだけでなく、情報を本部で集約するための作業工数が発生する状況では、事業の拡大やシステムの複雑化によって、コストの問題が避けては通れません。
こうした状況を打開するには、早急にネットワークなどの基盤を整備し、個別最適から標準化されたシステムへの移行を実現して、企業全体のガバナンスを確立する必要があります。

SAP ERPの進化と最新テクノロジーの活用

こうした状況に際して、MKIでは、最新のテクノロジーが収斂されたことにより、システムをグローバル統合する機は熟したと考えています。
その1つが、SAP ERPの進化です。特にSAP ERP 6.0においては、権限設定をはじめ、標準機能としてグローバルスタンダードのビジネスプロセスに最適な機能が拡充されています。また、SOAに対応したアーキテクチャもポイントです。たとえば、拠点ごとにアプリケーション設定が異なっていた場合、これまでは機能改修や追加を行う際に煩雑な作業が必要でした。そこでSOAの発想のもと部品単位で機能を組み合わせることにより、標準機能に手を加えずにAPIを通してデータ連携を行うことが可能です。これは、開発期間の短縮・コスト削減という点でも、大きな意味を持っています。
一方、拠点のグローバル分散とともに、システムの24時間/365日稼働もテーマとなります。MKIは、この要件をより効率的に実現するため、CPUやメモリーといったリソースを動的に割り当てることができる仮想化技術をベースとしたクラウドコンピューティングを活用しています。クラウド化はSAP ERPに不可欠な開発環境やテスト環境においても大きな変化をもたらします。一時的に利用するテスト環境やトレーニング環境を本番データと切り分けてクラウド上に設けると、より柔軟にリソースを配分できます。さらには本番機に関しても、クラウド上でディザスタリカバリ(DR)環境を容易に構築することも可能となります。

≫1インスタンス・1クライアントでのグローバルロールアウト

取材協力していただいたパートナー企業

三井情報株式会社
三井情報株式会社