伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

nttdata-logo.png

お客様のIT投資を"守りから攻め"にシフトするお手伝いを進めるために、伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は、基幹系システムの安定稼働に特化したクラウド基盤サービス「CUVICmc2(キュービックエムシーツー)」を提供いたします。

CUVICmc2はSAPユーザ様にご安心してご利用いただけるよう、第三者機関による監査を経て「SAP Certified in Hosting Services」、「SAP Certified in Cloud Services」、「Cisco Powered Cloud Cell Architecture for SAP HANA」などの認定を取得いたしました。

CUVICmc2は、パフォーマンスやセキュリティで世界的に定評と実績のある米国Virtustream社のIaaS技術をベースに、SAP S/4HANAを初めとするERPに特化したクラウド基盤としてCTC自身が運営する堅牢な国内データセンターから提供します。

SAP社認定クラウド基盤「CUVICmc2」

SAP社認定クラウド基盤「CUVICmc2」はSAPソリューションをはじめとする基幹システムに特化したクラウドサービスです。システムの安定稼働と高いセキュリティに強みを持つVirtustream社のIaaS技術をベースに、CTC自身が運営する堅牢な国内データセンターから提供します。インメモリープラットフォームSAP HANAや次世代ERPソフトウェアSAP S/4HANAなどのに最適化したメニューの提供により、SAPユーザ様のクラウド移行をすばやく支援します。

SAP S/4HANAのインフラ基盤としてCUVICmc2を採用したユーザ様は、その採用理由として、コストとアジリティを挙げています。

    【CUVICmc2|採用理由】
  • コスト:セキュリティやパフォーマンスを犠牲にすることなく、オンプレミスと比較して安価で運用
  • アジリティ(敏捷性):サーバ基盤の準備に数週間から数カ月かかっていたものを数時間で完了

CUVICmc2は「性能保証」、「高セキュリティ&コンプライアンス」、「適正コスト」の3つの特徴を併せ持つ国内唯一の基幹システム特化型クラウド基盤です。

    【CUVICmc2|3つの特徴】
  • 性能保証型SLA:稼働停止やパフォーマンス劣化が許されないミッションクリティカルな環境でも利用できるサービスの可用性に加え、パフォーマンス(ストレージ応答時間など)に対しても保証
  • 高セキュリティ&コンプライアンス:世界最高水準のセキュリティ設計を採用。JASAクラウドセキュリティ、PCI-DSS、ISO 27017などの認証取得予定
  • 実使用量ベースの従量課金:コンピューティングリソースの実使用量に基づく従量基金によりシステム基盤のコスト削減(20~50%削減の試算実績)に貢献

リンク

会社情報

商 号
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称CTC)
設 立
1972年(昭和47年)4月1日
資本金
21,763 百万円
従業員数
4,029名(CTCグループ:8,235名)
事業内容
コンピュータ・ネットワークシステムの販売・保守、ソフトウェア受託開発、情報処理サービス、科学・工学系情報サービス、サポート、その他
公式サイト
http://www.ctc-g.co.jp
  • JSUG入会のご案内JSUGNET利用登録について
  • 20周年企画特設ページ
  • JSUG事例 FactDB
  • JSUGの理念