ニュース

間接アクセス、ライセンス検討を支援するNOTEについて

JSUG事務局長 神戸 信光

今年4月に以下サイトにてお知らせの通り、SAPは間接アクセス向けのライセンス体系(ドキュメントべース)を発表しました。
http://www.jsug.org/news/2018/04/001695.html

その際、この新しいライセンスに切り替えた場合、どのような影響があるかを計測するツールの予告が有りましたが、以下のSAP NOTEを当てることにより、セルフサービスで入手出来るようになっています。

これらのNOTEを当てることにより、SAP ERP (ECC) system 、SAP S/4HANA Cloud及びSAP S/4HANA On Premise で、ドキュメントベースのアクセス(Digital Access)のライセンスを選んだ場合、要求されるドキュメント数の概算を推測できます。

* 但しこれは、あくまで推測値であり、実際のライセンスには、サポートパッケージによって実測されたドキュメント数が使われること、ご留意ください。

[ECC利用ユーザー向け]
NOTE 2644139: Digital Access: Tool for SAP ERP (ECC) to determine an approximate number of licenses required in the future
https://launchpad.support.sap.com/#/notes/2644139/E

[S/4HANAユーザー向け]
NOTE 2644172: Digital Access: Tool for SAP S/4HANA to determine an approximate number of licenses required in the future
https://launchpad.support.sap.com/#/notes/2644172/E

以上