ニュース

国際派遣プログラム(Palo Alto)募集のこと

JSUG事務局長 神戸信光


国際派遣プログラムは、Sapphire、Tech Ed、大連を対象にしていましたが、今回、Palo Altoへの派遣について若干名を募集致します。

本プログラムでは、SAPシリコンバレーオフィスを中心に、ビジネス・イノベーションの中心地を訪れ、変革がどの様な背景・環境で行われているのかを見聞すると共に、新しいアイディアを得る手法としてのデザインシンキングを体験します。

単なる視察で終えず、その後のJSUGの活動にもつながる様、「日本企業がイノベーションを起こすには」という目的意識を持って、質疑や議論をして戴きます(訪問前に、1,2度意識合わせのミーティングも行うことも検討)

[ツアー内容]
 8月29日(水)から9月1日(土)までの3泊4日。(29日、9月1日は移動)実際の視察やセッションは30・31日の全二日、Palo Altoと、サンフランシスコの2カ所を移動して行います。プログラム詳細は、まだ調整中ですが、SAPシリコンバレーオフィスと、SAPジャパンDBSのご協力を得て計画中です。

ツアーリーダーは神戸事務局長が務め、全部で4-5名の参加者を選ぶ予定です。
現地では、単なる視察でなく、イノベーション最前線の人たちとの意見交換、質疑などを予定しております。ある程度英語での質疑、議論が出来ること(流暢でなくても可)、企業の変革・イノベーションに意欲をお持ちの方に参加戴きたく、ご配慮ください。

[応募について]
 応募については、各部会長(フォーラム会長)の承認を以て受け付けます。簡単な応募フォームを部会長にお渡ししておりますので、入手、記載の上、必ず各部会長(フォーラム長)経由で、事務局までメールをお願いします。実施まであまり時間的余裕が無いため、申込は7月10日締切としますがお早めに。

Palo Altoへの派遣は今回初めてでもあり、メンバーの人選については、組合せなども考慮の上、決定させて戴きますので、ご理解をお願い致します。

以上