ニュース

間接アクセス向けの新しいライセンス体系のお知らせ

SAP SEドイツ本社が、4月10 日、間接アクセス向けの新しいライセンス体系を発表しました。

IoTやビッグデータ等、デジタル化が急速に進む近年、機械やセンサーがアクセスするシナリオが生まれてきました。これにより、従来の指定ユーザー(Named User)単位のライセンス方式では、十分とは言えない状況になってきました。

そこでSAPは、これらのシナリオに適した新しいライセンス体系を発表しました。JSUGも加盟する世界ユーザー会連合SUGEN (SAP Users Group Executive Network)、ASUG(米国ユーザー会)、DSAG(ドイツユーザー会)は、ユーザーが将来に渡って安心してSAPを使い続けられる様、主に透明性の確保と複雑性の排除の視点から、SAPに対し継続的に助言をしてきましたが、SAPはユーザー会の助言に耳を傾ける様になり、新しいライセンス体系は非常に公平かつ、フレキシブルなものになりました。

新しいライセンス体系の概要は以下の通りです。

・間接アクセスのライセンス方式を新たに追加し、システム上に記録されるトランザクションをベースに課金する
・従来のライセンス方式で、既にSAPを利用している場合、新しいライセンスモデルに移行するか否かは、ユーザー側に選択肢がある。
・既存のライセンス(Named User単位)は、新しいライセンスに変更することができる

また、新たなライセンス体系を発表するに当たり、SAPでは組織変更も実施し、営業部門と監査部門を明確に切り分けることになりました。これにより、監査結果が追加ライセンス購入に影響するリスクを排除することが期待できます。

更に、ユーザー自身が、ライセンスフィーを予想出来る様、システムの利用状況をモニターするツールを提供するとしています。

SAPからの公式発表、及び関係資料は以下の通りです。今回の発表は非常に重要で、全てのSAPユーザーに影響がありますので、是非内容をご確認下さい。実際にどの様な影響が出るかは、ユーザーのSAP利用環境や契約内容によって異なりますので、詳細はSAPの担当営業にご相談下さい。

◆ SAP SEの広報文(英語)
https://news.sap.com/sap-unveils-first-of-its-kind-new-pricing-model/(広報文)
https://news.sap.com/erp-licensing-for-the-digital-age/(解説)
https://jsug.smartseminar.jp/public/file/document/download/2213(説明資料)

◆ SAPの発表に対するSUGENの声明文(日本語訳)
https://jsug.smartseminar.jp/public/file/document/download/2216

◆ SAP SEの補足資料(英語)
https://jsug.smartseminar.jp/public/file/document/download/2215(間接アクセスガイド)
https://jsug.smartseminar.jp/public/file/document/download/2214(ライセンス算出例、変更例)

以上